緊急時に活躍する救世主

数々の薬

ピルにはアイピルのようなアフターピルのほかに、低用量ピルと呼ばれるものもあります。
このふたつの違いは性行為の前に服用するか、後に服用するかであり、どちらにしても高い避妊効果を持っていることには変わりありません。
アイピルをはじめとするアフターピルは、性行為後に服用することで受精を強制的に防いでくれたり、排卵周期を乱すことで妊娠を回避するのです。
アフターピルは別名を緊急避妊薬といい、その名のとおり緊急時にも効果を発揮してくれます。
緊急時、つまり避妊に失敗する事例というのは数多く考えられます。
避妊具として着用していたコンドームが途中で破れてしまったり、外れてしまう。
「外に射精するから」といってコンドーム無しでの性行為をおこなう。
レイプなどの望んでもいない性行為によって中出しされてしまう。
この他にも避妊失敗に関する事例はあるでしょう。
女性にはどうしようもすることができない場合がほとんどかと思います。
望んだ妊娠であればこのうえなく嬉しいことですが、不本意な妊娠となればただただ悲しみが募るばかりですよね。
しかし、アイピルであれば事後であってもしっかり避妊対策ができます。
また、アイピルなどのアフターピルの服用は、ホルモンバランスを一時的に崩すことにもつながります。
そのため頭痛や吐き気などの副作用が生じることも多々ありますが、あくまでも一時的なものであり、数日で治るのであまり気にする必要はありませんよ。