女性の意思で服用可能

ベンチに座る

アイピルのようなアフターピルを服用する際の大きなポイントは、「女性の意思で避妊することができる」という点でしょう。
避妊具として最も一般的なコンドームは、非常に高い避妊効果を持っていることから、優れたアイテムであると言えます。
しかし、ペニスに着用して使用するため、相手の男性に拒まれてしまってはどうすることもできません。
アイピルなら男性に関係なく、女性自身が服用するだけで高い避妊効果を発揮してくれます。
女性が自分自身で身を守ることができる避妊方法なのです。
また、妊娠の可能性がある緊急時にのみ服用すればいいというのも大きな特徴です。
一般的なピルの場合、毎日決まった時間に服用していく必要があるのですが、アイピルのようなアフターピルならその緊急時にのみ服用すればいいのです。
低用量ピルなど一般的なピルの場合、毎日服用することで高い避妊効果を発揮してくれる一方で、飲み忘れというミスをしてしまうこともあります。
しかし、アフターピルの場合、そういったことを気にかけながら服用するという煩わしさがなく、それでいて100%に近い確率で避妊できます。
アイピルが高い避妊効果を持っているといっても、性行為後からどれくらいの間隔を空けたかによってその避妊成功率も変わってきます。
アフターピル全般の特徴として、性行為後72時間以内に服用すれば75%以上の避妊効果を期待することができます。
しかし、これがアフターピルの最大限の力ではなく、性行為後24時間以内の服用によって、その避妊効果を95%前後にまで高めることができるのです。
服用するタイミングが早ければ早いほどその真価を発揮しますので、いつでも服用できるよう常備しておくことが最善と言えるでしょう。